制御システムの製造・販売、計装・電気設備のエンジニアリング・施工の株式会社キャトックス
Home » 製品情報 » 制御システム » CATOX 5000U » 1.CATOX-5000U 制御システム

Get Adobe Flash player

1.CATOX-5000U 制御システム

CATOX5000M製品写真
※写真をクリックすると拡大表示します。

1.1 概要

CATOX5000U制御システムは、操作機器(マンマシンインターフェース)にパソコンを利用した本格的なDCS(分散型制御システム)です。
ユーザーの用途に応じ、ユーザー自身が容易にシステムを構築することができます。

本システムは、多様化、高度化するプロセスの制御に対応でき、連続プロセスを中心としたマス・プロセス設備からバッチを中心とした多品種少量生産設備にいたるまで対応を可能とした総合計装制御システムです。

演算制御部は信頼性の高い専用ハードウエアを使用し、操作部は汎用のパソコンを応用してそれらを高速なネットワークでつなぐことにより、コンパクトで経済性と柔軟性を兼ね備えたフレキシビリティーに富んだシステムとなっています。

1.2 特徴

CATOX5000Uシステムには、主に次の特徴があります。

(1)制御部の冗長化が可能。

システムで最も重要な演算制御部の制御ユニットは、二重化することが可能であり、高信頼化することができます。

(2)システム構成の柔軟性とコストパフォーマンスの追求。

操作機器(オペレーターズ・ステーション)は汎用パソコンを利用することにより高性能で安価なシステムであり、最小は1台より最大16台まで拡張可能です。
一方、制御ユニット(フィールド・ステーション)は小型化され、低価格化したばかりでなく、設置面積を節約することができます。

システム規模としては1台(ステーション)から最大16台(ステーション)まで拡張可能で、1ステーションあたりではフィードバック制御は256ループ、デジタル入出力2048点まで収納可能で、シーケンス制御、出力監視機能を標準で装備しています。したがって、どのような設備、プラントに対しても最適なシステム構成が可能です。また拡張も容易にできるシステムです。

(3)従来のCATOXシリーズのソフトウェアを継承可能

更新等の際に従来のCATOXシリーズのソフトウェアをそのままコンバート(移植)する事が可能です。また、それによりシリーズの混在が可能です。(混在可能なシリーズはお問い合わせください)

(4)従来のCATOXシリーズのハードウェアを継承可能

更新や増設等の際に従来のCATOXシリーズとの混在が可能です。

(5)ユーザが開発した、操作性を追求したマン・マシン・インターフェイス

オペレータズ・ステーションはワンタッチで希望する画面を呼び出したり、必要な画面への展開が容易で分かり易く、プラント他の運転を強力にサポートします。

(6)強力なサポートソフトウエア

システム構築からシステム保全に至るまで、パッケージ化されたソフトウエアによりさまざまなエンジニアリング業務を効率的に行うことができます。
また、オペレータズ・ステーション単独でもシステム生成が可能で、さらに生成したシステムの自動ドキュメント化が可能です。

1.3 CATOX-5000U システム構成

CATOX5000Uは、フィールド・ステーション(FDS)、 オペレータズ・ステーション(OPS)、システム通信バス、およびそれらの付属品から構成されています。

図1システム概念図
図 1システム概念図